ニートの就職とそれについてのアドバイス

ニートの就職とそれについてのアドバイス

 ニートと呼ばれる人たちがどのように就職していくのかということについて、私自身が大学に入るまでにそのような期間がありましたので、その経験を少し述べるとともに、それを基にしてニートと呼ばれる方たちが社会に参画して仕事を生き生きと行うことに資することができたらと思います。

 

 ニートが多くなってきたのは、インターネットが広範に普及してきて、買い物や学習、仕事すらもこのインターネットを通じて行うことができるようになってきて、コミュニケーションの幅が広がってきたことと無縁ではありません。


 ニートは総務省が統計上のデータで把握している以上の人数がおられることは容易に想像はつきますが、一般に月日が経過して、その方が高年齢になればなるほど、その就職は厳しいものとなっていきます。人間は生まれながらに死ぬことを宿命付けられていますが、生きているその過程において様々な体験を積み、それを仕事や私生活に活かしていくことになります。仕事は、資格の取得は一定の要件や強みにはなりますが、何よりも経験を重ねて人間力や仕事力を高めることが大事であることは、その仕事を続けるにせよ、転職をするにせよ、独立するにせよ、一定程度の社会経験を有する人であるならば、まず100%それを否定する人はいない当然の事実であると言えます。
 ニートが求人探しを行う場合、今はフリーペーパーやインターネットで求人情報を無限に近い位、取得することが容易にできますので、それらを活用すると良いでしょう。
 ニートへの就職のアドバイスとしては、まず最初の一歩の踏み出しが大事なので、失敗しても良いし、どんな仕事でもアルバイトでも良いから、外に出てみる勇気を持つということが言えます。恥もかくし、泣き出したくなったり、逃げ出したくなったりすることもあるでしょう。それはそれで後から振り返った場合の思い出となっていきますので、とにかく働いて経験を積み、社会がどのような仕組みとなっているのか、体で覚えた上で、次のステップとして適職探しをしていくのが良いでしょう。