高卒、ニートに就職しやすいコツを伝えよう

 高卒というと、もう社会的にダメダメみたいな空気ありますよね。ニートというと、もう社会どころか人生終わってるみたいに見られてると感じませんか?私は高卒後、ニートのいわゆる高卒ニートだったので人生終わってるどころか長引くと親に本気で死んだ方がいいんじゃない?って真顔で言われたのを今でも鮮明に思い出せます。


 本当にそのくらい人として終わってた私が体験談をもとに自分のしたい仕事に就いた方法を真似していただけたらこの就職氷河期でも乗り越えられます。その代り、時には人として非常になる必要もありましたし、精神的にメンタルを強く持っていかないと途中で断念して逆戻りしてしまいますからそこは自己責任でお願いします。

 

 まず、当時の高卒ニートなきっと事務系だと思う私は自分に対して何か働きださないと転職しづらいと思いてっとり早く現場系で警備員をすることにしました。そしてコツコツと日銭を稼ぎ、パソコンが得意な私は、それから3か月して一か月分の生活の余裕ができたころにコールセンターに転職、この時点ではアルバイトでした。コールセンターの経験を活かして云々で、次は通販会社へ契約社員で入社しました。契約社員の状態で受注発注をくりかえし次の契約更新時に社員登用の話があり、人事部としての雇用を断ってパソコンのシステム会社へ社員登用をことわってきたと面接で伝えて覚悟を見いだされ採用されました。その後、システム開発がやはりしんどかったのでホームページの作成とサーバー運営会社に就職しましたが。

 

 結局働いていない人を働かせようという会社は少ないです。働いている人でも同系職でないと転職しづらい世の中です。だからまずは何でもいいんで働きましょう。

 

 最近の私の会社では社会人経験がなかったら絶対採用しない。学生時代にアルバイトしていない人はもう絶対取らないっていうくらい。人気な仕事だけに薄給ですがやりたい仕事に就くために徐々に同系に転職していくのも一つの手です。

 

 是非徐々にスキルアップ・ランクアップして就職・転職に役立ててください。

 

参考
ニートの就職支援
ニートの就職に必要な心構えとは